夫婦カウンセラー

夫婦の関係改善を専門に支援するスペシャリスト

合格者には「夫婦カウンセラー資格」の称号が付与されます。
離婚件数が年々増加の一途をたどる裏側では、早まった離婚に後悔する家族も多くみられます。しかし、夫婦間のプライベートな問題を専門に相談できる機関はまだ少なく、誰でも相談できず自分だけで解決しなければならない人が多いというのも実情です。
こうした社会問題を改善するために創設された夫婦カウンセラーは、離婚の基礎知識、離婚に関する法律の知識から、離婚前のカウンセリングに関する専門的な知識や心理援助技術を備えているスペシャリストであることを証明する資格です。
現在カウンセラーとしてお仕事をしている方のプラスαの技術としても推奨している資格です。

受験概要

技能審査の目的

夫婦間の問題に対し心理的に悩める人、または離婚という問題を社会的観点からもサポートできるようなカウンセラーを育成し、カウンセリング業務に従事する者の有する知識および技能の程度を審査し、証明することにより、職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的とします。

技能審査の対象

現代日本の家族に関する基礎知識、夫婦カウンセラーとしてのカウンセリングに関する基礎知識、離婚に関する法的知識などの職業能力を審査の対象とします。

合格者に付与する称号

夫婦カウンセラー資格

受験資格

当協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者。
認定講座はこちら

試験日程・会場

カリキュラム修了後、随時、在宅にて受験いただけます。

履修内容(学習範囲)

・現代日本の家族について
・夫婦のコミュニケーションについて
・夫婦間暴力~DV~について
・カウンセラーとしての聴き方
・離婚の種類(協議離婚、調停離婚、審判離婚、
裁判離婚、熟年離婚、国際離婚)
・子ども関係(親権、監護権、面談交渉権、養育費)
・金銭関係(慰謝料、財産分与、年金分与)
上記の範囲を認定教育機関にて履修いただきます。

受験料

5,600円(税込)

試験申込・合否の判定・通知

認定教育機関での全カリキュラムを修了後、協会ホームページの『検定試験申込』にて、必要記載事項を入力しお申込のうえ、同封の振込用紙にて受験料をお支払ください。
「認定教育機関での課題修了確認、協会ホームページからの『検定試験申込』、受験料のお支払い」すべてが確認でき次第、試験問題の発送をいたします。
合否判定は得点率70%以上を合格とし、合否結果は答案受付後、約1ヶ月で送付いたします。